半身で38度のぬるい湯に15分以上入る

「冷え」をとるための入浴の鉄則は半身浴が鉄則です。

半身というのは、へその辺りですが、みぞおちまで含みます。

ぬるめとは何度でしょう?

ぬるめは、基礎体温から+2~3℃くらい、熱めは基礎体温から+5~6℃です。

基礎体温とは、生命維持に必要な最小限のエネルギーしか消費していない安静状態にあるときの体温です。
つまり、寝ている間の体温になるのですが、自分では測れないので、朝目覚めて活動する前に測るのが一般的です。

実際の基礎体温は、体調や室温、測り方など微妙なことで、誤差が出てしまうもの。周期も人それぞれなので、あまり神経質にならなくて大丈夫です。

大切なことは、ぬるめのお風呂のほうが体を温める効果が高いということです。

というのは、42度の熱いお風呂に10分間つかった場合、体温は0.9度上昇したものの、
10分後には、もう元に戻ります。

しかし、38度のぬるめのお風呂に10分間つかった場合、体温は0.4度上がるだけですが、
20分後にも下がることはなく、あたたかく感じるのです。
(漢方女性坑加齢外来科の渡邊賀子ドクター)

 

15分間つかっているのが困難なときは、まず10分から始めましょう。

体の芯と体表の温度差が最高になるのが15分後です。

熱くてがまんできなくなり、いたたまれなくなくなる「魔の15分」を乗り超えるために10分から始めます。

10分に慣れたら、11分→12分→13分・・・・・・・と30分を目指してください。

10分でも体の芯からああたまり、その日から熟睡できることが体験できます。

もっとも、半身浴のみでは、上半身が冷えてしまいます。

そこで、半身浴を基本にしてうえで、全身浴をときどき採り入れるようにします。

最初に肩までつかり、それから半身浴を始めるのも、一つの方法です。

また、半身浴をしている間は肩からタオルをはおっておけば、上半身を冷やさずにすみます。

あるいは、浴槽の湯のなかに風呂用の腰掛けを浮き上がらないように置いて、浴槽に蓋をして、
その上にタオルを置き、半身浴をしながらラジカセを聞いたり、を読むことも試してみましょう。

半身浴のお供に~という防水仕様のDVDプレイヤーやCDプレイヤーで英会話のレッスンをすることも、
カラオケの練習をすることもでき、最高の健康タイムを楽しんでください。

浴槽から出たら、すぐに体をふき、衣服は下から上へが基本。
まず靴下を履く→下着を着る→パジャマを着る→上は薄着にする。

 

 

          短時間で温まる、高温反復浴 

 

42~43℃くらいの熱めのお湯に肩までつかる全身浴と休憩を繰り返す入浴法です。

手順は、3分間肩までつかる汗が出たら湯船から出る汗がひくまで5分ほど休憩

これを3回繰り返す。

5分の休憩のときに体や髪を洗いましょう。

高温反復浴を1回行うと、200kcal~300kcalを消費しますから、ダイエットにも役立ちます。

大量の汗をかくので、入浴前後にコップ1杯の水を飲んで、脱水症状を防いでください。

 

 

     リビングルームで読書しながら足湯で頭寒足熱

風呂場でなくても、頭を冷やし足を温めることができます。

リビングルームのテーブルの下に足湯用バケツを置いて、温かめのお湯を膝下まで入れます。

お湯がさめないようにビニール袋などでバケツをすっぽり覆い、30分以上両足を温めます。

ポットなどに、あらかじめ熱めのお湯を用意しておくと、足し湯がスムーズにできます。

部屋の温度も涼しくしておき、上着も薄着にしてください。

30分以上、読書をしたりスマホで友だちとおしゃべりも楽しめます。

体がぽかぽかしてきたらOK。

足をお湯から出し、足の指の間の水気もしっかりふいて、すぐに靴下を重ね履きしてください。

半身浴、高温反復浴、足湯でも、体がぽかぽかしているうちに、布団のなかに湯たんぽを入れて、ゆっくりと眠りましょう。

※足湯用バケツは100円均一店で購入できます。