「青春」(サムエル・ウルマン 宇野収、作山宗久訳)

青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき はじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。

霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。

私たちは生涯、成長することができます。
生涯、青春を生きることができます。

私たちは、人生のあちこちでさまざまな選択をして生きています。
何かを選ばないで何かを選びました。
誰かを選ばないで誰かを選びました。

人生の午後は、今まで選ばなかったこと、選ばなかった人を選び直すことができます。
このような未開拓の機会がいっぱいあるのです。

人生の午後は、未開拓の機会を体験する「冒険の時期」ではないでしょうか。

家族最優先で家庭からほとんど出なかった人が、子育て後、家にほとんどいないほど、
地域活動やボランティアなどに飛び回るようになる。

広い人脈をもち企業で活躍していた人が、退職後は家から一歩も出ないで、
陶芸作品をコツコツをつくり続けるようになる。

このほか、いろいろな冒険ができることでしょう。
・・・・・・・生涯青春!の人生の午後です。

人生の午後の冒険は気楽です。
リスクはありません。

やってみて、「ちょっと違うなあ」と思えば、やめればいい。
また別のことに挑戦すればよい。

失うものは何もありませんから。

気楽な冒険から「人生のクライマックス を80代にもっていく!」はいかがでしょうか。